幼児向き教育ビデオ・DVD|幼稚園・保育園向き防火教育
HOME >子ども映画について|今の子どもたちに必要なもの

今の子どもたちに必要なもの

●今の子ども達に必要なもの・・・それは心の教育です。
子ども達を取り巻く環境は悪化し、いじめ問題や不審者による子どもの被害、自殺や事故・虐待…本当に心が痛む話題ばかりです。
子どもの問題は今や他人事ではありません。これは、決して子ども達だけの問題ではなく、その背景には大人社会や家庭での影響が多大にあると、教育委員会でも指摘しています。
こんな時代だからこそ、やさしさや思いやりの大切さを改めて見直し、夢や希望のある社会にすることが未来ある子ども達のために最も重要なのではないでしょうか!
創業55年来、教育映像一筋に、学校や教育委員会・警察や消防署・幼稚園・保育園など、官公庁を中心に教育映像を提供してまいりました。
その中で私たちは、今の現代社会の中で最も必要なのは心の教育だと考えています。
その心の教育は国をあげて取り組んでいる最も重要課題です。
子ども達が一人で遊ぶゲームやパソコンなどでは心は豊かにならないことは、みなさんもご承知のことだと思います。

●心の教育は映像で!
映画が人に与える影響は計り知れないものがあります。
映画館を出て、主人公になりきったり「よしやってやろう!」などと思った記憶はありませんか?
みんなで泣いたり笑ったり、感動したり・・・
みんなで同じ空間で感動を共有することで、心が育むきっかけになっていくと考えています。

●映像は最も効果的な教材です。
映像は視覚・聴覚そして心に訴えかけるすばらしい教材です。
映画や或いはテレビドラマを見て感動したり・泣いたり・笑ったり・怒ったり…
良くも悪くも映画(映像)は人々に影響を与えます。
だからこそ、私達は心に残る・感動する映像にこだわっています。


▲ページトップに戻る